会社沿革

昭和3 0年廃鶏の処理販売業を始める
昭和31年ブロイラーの飼育と処理販売を手がける
昭和34年山陰食鶏(株)  飼料販売業を始める
昭和35年山陰食鶏農業協同組合設立
昭和36年食鶏処理業を開始し京阪神へ「と体」出荷開始
昭和40年山陰食鶏農協により種鶏・孵卵事業を開始
昭和41年山陰ブロイラー販売(株)設立
昭和43年山陰畜産(株)を設立  直営生産農場経営を開始
昭和44年名和町下大山地区に養鶏団地造成
昭和45年鶏ふん処理施設の新設  岡成新良路養鶏団地造成
昭和48年東京進出
岸本町清山団地造成
大山町及び名和町に試験鶏舎団地を新設
昭和50年残さい処理工場新設
淀江町上淀にウインドレス鶏舎24棟建設 
昭和52年処理加工場新設(処理能力15,000羽/日)
昭和53年旧工場内に日曜ビックリ市開始
昭和55年日南町三吉養鶏団地ウインドレス鶏舎10棟建設
昭和59年稲吉種鶏育成施設4棟完成 
平成元年日南町萩原種鶏場鶏舎3棟完成 
平成2年日南町中石見種鶏場鶏舎3棟完成
平成4年食鶏処理施設を新設(処理能力23,600羽/日)
平成7年名和第1種鶏場鶏舎3棟完成
平成8年名和第2種鶏場鶏舎3棟完成
淀江ブロイラー農場  鶏舎6棟完成
平成9年淀江ブロイラー農場  鶏舎1棟完成 
平成10年淀江ブロイラー農場  鶏舎4棟完成 
平成11年淀江ブロイラー農場  鶏舎3棟完成  
平成13年 東京支店を小金井市へ移転
平成14年「大山どり」の商標登録取得
平成20年びっくり市を再開
MEYN社製中抜きシステム(マエストロ)、GDX社製大バラシシステム(フレックスビジョン)導入
平成21年山陰食鶏グループ4社の事業を(株)大山どりへ営業譲渡
平成22年株式会社阿波どり(徳島県鴨島市)を子会社化
平成23年子会社 株式会社大山どりーむ を設立
平成24年上淀農場 新たに2鶏舎完成
平成26年上大山第二農場 3鶏舎完成
前川製作所製 全自動脱骨ロボット(トリダスマークII)6機導入
平成27年伊藤忠飼料(株)より(株)但馬を譲り受け、(株)但馬どりを設立
平成29年脱毛システム一新。首皮取り機、トリダス2機、トンネルフリーザー1機増設
平成30年新空冷システム(エアチラー)棟完成
前川製作所製 チキンフロントハーフ全自動脱骨ロボット(イールダス3000)2機導入、トリダス2機増設
令和元年AbemaTVツアー 大山どりカップを開催
大山第二農場 5鶏舎完成
令和2年大山第一農場 3鶏舎完成
>大山どりで働きませんか?

大山どりで働きませんか?

自然豊かなこの環境で、私たちと一緒に働きませんか?

CTR IMG